Go to Contents Go to Navigation

環境に優しい新型高速列車に試乗 文大統領

記事一覧 2021.01.04 14:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日午前、北東部の江原道にある原州駅を訪れ、5日に正式運行を開始する高速鉄道(KTX)の新列車「イウム(EMU―260)」に試乗した。新年初めての経済視察となる。

EMU―260の開通式であいさつする文大統領=4日、ソウル(聯合ニュース)

 試乗はソウルと南東部の慶州を結ぶ中央線の原州―堤川の区間で行われた。

 同列車は動力装置を客車に分散させて搭載する動力分散方式の高速列車で、二酸化炭素(CO2)の排出量が既存の列車の7割にすぎない低炭素列車だ。

 韓国政府は同列車を皮切りに準高速鉄道(EMU)の導入を拡大し、2029年までに全旅客列車をEMUに交代する方針だ。温室効果ガス約7万トンの削減が見込まれる。

 一方、中央線の複線化事業に合わせ、植民地時代に日本によって壊された独立運動家、李相龍(イ・サンリョン)の生家「臨淸閣」(慶尚北道安東市)を2025年までに復元する。李は大韓民国臨時政府の最高責任者・国務領を務めた人物で、臨淸閣は1940年代、日本が中央線を建設した際に壊された。

 試乗では李のひ孫が文大統領の隣席に座った。

EMU―260に搭乗する文大統領=4日、原州(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。