Go to Contents Go to Navigation

米偵察機 新年早々から韓国上空を相次ぎ飛行=北朝鮮動向監視か

記事一覧 2021.01.04 15:51

【ソウル聯合ニュース】新年に入り、米軍の偵察機が相次いで韓国首都圏の上空を飛行した。韓国軍関係者によると、北朝鮮の第8回朝鮮労働党大会や閲兵式(軍事パレード)の準備動向などを監視するためとみられる。

RC135W(ノー・コールサインのツイッターより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 民間の航空追跡サイト「ノー・コールサイン」などによると、米空軍の偵察機RC135Wが4日午前、黄海からソウル郊外の仁川や城南などの上空を飛行した。先月29日に南海岸と中部圏の上空を飛行したことが確認されてから6日ぶりとなる。

 また、偵察機E8Cも1日午後から2日未明にかけ、仁川の上空から西部・泰安の方向に飛行した。

 韓国軍合同参謀本部のキム・ジュンラク広報室長は4日の国防部の定例会見で、北朝鮮軍の動向について、「韓米の情報当局が緊密に連携し、閲兵式の準備動向を綿密に監視している」としながら、「現在、北の軍は冬季訓練を実施している」と明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。