Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自 今年の販売目標708万台=前年比11.5%増

記事一覧 2021.01.04 17:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の自動車最大手、現代自動車と子会社・起亜自動車は4日、今年の世界販売台数の目標をそれぞれ416万台と292万2000台の計708万2000台とする計画を発表した。昨年の販売台数(635万台)比で11.5%増となる。

現代・起亜自動車の本社(資料写真)=(聯合ニュース)

 現代自動車は国内で74万1500台、海外で341万8500台、起亜自動車は国内で53万5000台、海外で238万7000台の販売目標を掲げた。

 今年は新型コロナウイルスを巡る状況が落ち着き、世界の自動車市場の需要が回復し、自動車メーカーの競争が激化するとみられる中、両社は充実した販売戦略を展開し、市場支配力を拡大する方針だ。

 両社は今年を電気自動車(EV)分野の飛躍的な発展の元年と位置づけ、次世代のEV専用プラットフォーム「E―GMP」を搭載した新型EVの3モデルを公開する。E―GMPを搭載すれば1回の充電で最大500キロ以上の走行が可能で、超高速の急速充電器を利用する場合、18分以内に80%の充電が可能となる。

 両社は世界市場で市場別の販売戦略を具体化するなど、柔軟な事業計画を立て、販売回復と収益性の強化を目指す。北米市場ではスポーツタイプ多目的車(SUV)「ツーソン」などの新型モデルを通じ、SUV中心の高収益構造への転換を図る。現代自動車の高級ブランド「ジェネシス」の大型セダン「G80」とSUV「GV80」も本格的に販売する。

 欧州市場では二酸化炭素(CO2)の排出規制が強化されていることを受け、エコカーの販売を拡大する。中国市場では新車の販売を増やす方針だ。

 現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長は新年メッセージで、「変わりなく守っていくべき使命は『安全で自由な移動と平和な生活』という人類の夢を実現していくこと」として、「このため、2021年は『新成長エンジンへの大転換』が行われる一年にならなければならない」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。