Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自の20年販売635万台 コロナで海外市場不振

記事一覧 2021.01.04 18:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社・起亜自動車は4日、両社の2020年の販売台数は前年比11.8%減の計635万851台だったと発表した。

現代自動車の「グレンジャー」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国内市場では現代自動車が2002年(79万4台)以来最多、起亜自動車は過去最多の販売台数を記録し好調だったが、新型コロナウイルスの影響で世界的に自動車需要が萎縮し、全体の販売台数は減少した。

 現代自動車の昨年の販売台数は計374万3514台で、国内が前年比6.2%増の78万7854台、海外が同19.8%減の295万5660台だった。

 国内では大型セダン「グレンジャー」が14万5463台を売り上げ、4年連続国内1位、年間10万台を記録するなど市場をリードした。

現代自動車の「ジェネシスG80」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 またエコカーの躍進が目立ち、ハイブリッドモデルの販売台数は前年比48.7%増の6万6181台となった。

 同社は今年、電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)「E―GMP」を採用した「アイオニック5」の発売をはじめ、本格的にEVのラインアップを拡大する計画だ。

 高級車ブランド「ジェネシス」は計10万8384台を売り上げ、初めて年間販売台数10万台を突破した。

 現代自動車は今年、国内74万1500台、海外341万8500台の計416万台の販売目標を示した。

起亜自動車の「K5」(現代・起亜自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 起亜自動車は昨年、国内で前年比6.2%増の55万2400台、海外で同8.7%減の205万4937台の販売台数を記録した。

 国内市場で昨年最も売れた中型セダン「K5」(8万4550台)を含むKシリーズの販売台数(15万6866台)は3年連続で新記録を達成した。

 起亜は今年の販売目標として、国内は53万5000台、海外は238万7000台の計292万2000台を提示した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。