Go to Contents Go to Navigation

イランでタンカー拿捕 「早期解放へ外交努力」=韓国外相

記事一覧 2021.01.05 10:57

【ソウル聯合ニュース】韓国船籍のタンカーが4日、ホルムズ海峡近くのペルシャ湾でイラン革命防衛隊に拿捕(だほ)されたことについて、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は5日、記者団に「早期に解放されるよう外交的に努力している」と明らかにした。

政府ソウル庁舎で記者団の質問に応える康氏=5日、ソウル(聯合ニュース)

 拿捕の背景に韓国内の銀行にあるイラン中央銀行名義の口座のウォン建て資金が凍結されていることへの不満があるとの見方に対しては、「今、そのようなことを下手に話す状況ではない」として、「まず事実関係を把握し、船員の安全を確認することが急務」と述べた。

 タンカーには船長を含む韓国人5人やミャンマー人11人、インドネシア人2人、ベトナム人2人の計20人が乗船していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。