Go to Contents Go to Navigation

[韓流]キム・ヒョンジュンが3年ぶりテレビ出演 「明るく生きたい」

記事一覧 2021.01.05 11:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の歌手で俳優のキム・ヒョンジュンが3年ぶりにテレビに出演し、元交際相手とのトラブルが物議を醸して以降、つらい時間を過ごしてきたことを明かした。

番組に出演したキム・ヒョンジュン(KBS Joy提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 調査会社のニールセン・コリアの5日の発表によると、キム・ヒョンジュンが出演した4日夜のKBS Joyのバラエティー番組「何でも聞いて菩薩」の視聴率は1.2%と1%を上回り、ファンらの関心の高さをうかがわせた。

 2005年に男性グループSS501のリーダーとしてデビューしたキム・ヒョンジュンは、ドラマ「花より男子~Boys Over Flowers」「イタズラなKiss~Playful Kiss」「感激時代~闘神の誕生」などに出演し、俳優としても活躍。日本でも歌手、俳優として活動し、韓流スターとして人気を集めた。

 一方、元交際相手とのトラブルが長期間の法廷での争いに発展したほか、軍入隊により活動が制約される期間もあった。

 これに関し、キム・ヒョンジュンは番組で「他人の目が気になり、僕は明るい人間なのに萎縮してしまう。萎縮せずに明るく生きていけるだろうか」と悩みを打ち明けた。また「毎日のように自分を責めている」とも語り、厳しい視線がプレッシャーになっていることも明かした。

 番組レギュラーのイ・スグン、ソ・ジャンフンとのトーク終了後、キム・ヒョンジュンは制作陣とのインタビューで「傷に完治はないと言われ、その通りだと思った。僕は完治を目指していたようだ。考えが浅かった。傷を抱えて歩んでいくという考え方ができなかった」と語り、心機一転を図る考えを示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。