Go to Contents Go to Navigation

タンカー拿捕 イラン大使呼び抗議=韓国政府

記事一覧 2021.01.05 14:57

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の高ギョン錫(コ・ギョンソク)アフリカ中東局長は5日、韓国船籍のタンカーがホルムズ海峡近くのペルシャ湾でイラン革命防衛隊に拿捕(だほ)された問題で、シャベスタリ駐韓イラン大使を呼び出して抗議した。高氏は遺憾の意を表明した上で、拘束された船員の安否を確認し、速やかに解放するよう要請したとみられる。

外交部庁舎に入るシャベスタリ駐韓イラン大使=5日、ソウル(聯合ニュース)

 シャベスタリ氏は外交部庁舎に入る際、「船員は安全か」との報道陣の質問に対し「全員安全だ」として「健康については心配する必要はない」と答えた。高氏に対しても、船員らの現在の状況とイラン政府の立場を伝えたと予想される。

 イラン外務省の報道官は前日、「地方当局の初期報告によると、この事案は完全に技術的なものであり、船舶は海洋汚染について調査せよとの裁判所の命令に従って措置(拿捕)されたものだ」と述べた。

 タンカーには船長を含む韓国人5人やミャンマー人11人、インドネシア人2人、ベトナム人2人の計20人が乗船していた。

拿捕された韓国船籍のタンカーの防犯カメラに、革命防衛隊の高速艇が近づく様子がとらえられている=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。