Go to Contents Go to Navigation

元北朝鮮公使の韓国議員 文大統領にビラ散布禁止法の撤回求める書簡

記事一覧 2021.01.05 16:16

【ソウル聯合ニュース】韓国国会が先月、北朝鮮に向けたビラ散布を禁止する法律を可決したことを巡り、元北朝鮮駐英公使で韓国最大野党「国民の力」の太永浩(テ・ヨンホ)国会議員は5日、同法の撤回を求める公開書簡を文在寅(ムン・ジェイン)大統領に送った。

太永浩氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 太氏は書簡で、「この10年間、北に入り込んだ韓国の文化コンテンツが住民と軍人に深く伝わり、われわれに対する敵対心を和らげ、憧れを抱かせるなど、急速な変化を起こした」として、「ビラ散布禁止法の公布は朝鮮半島の平和統一を成し遂げられる文化力を自ら放棄すること」と指摘した。

 また、従来の法律でも軍事境界線付近での北朝鮮向けビラ散布は規制が可能だったとし、「(ビラ散布禁止法は)北の脅しに屈するように見られ、北の新しい脅迫と恐喝につながる可能性があり、次期米大統領のバイデン氏にも韓国が北に振り回されている国に見られかねない」と主張した。

 太氏は同法の撤回を求める報告書を与野党の議員全員に送り、各国の駐韓大使、米国や英国などの議員、海外の人権団体などにも同法の不当性を訴える文書を送付した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。