Go to Contents Go to Navigation

韓米 先月に合同空中訓練実施=例年の水準

記事一覧 2021.01.06 09:17

【ソウル聯合ニュース】韓国軍と米軍が先月7~11日に合同空中訓練の「戦闘準備態勢総合訓練」を実施したことが6日、分かった。韓国軍関係者が明らかにした。

17年12月に実施されたビジラント・エースに参加したB1B戦略爆撃機=(聯合ニュース)

 同関係者によると、韓国空軍のF15KとKF16戦闘機、米空軍のF16など韓国内にある空中戦力が参加し、海外から動員された戦力はなかった。訓練の規模と形は例年の水準だった。

 両国は毎年12月に合同空軍演習「ビジラント・エース」を実施してきた。だが、南北・米朝の対話ムードが広がっていた2018年からは同演習の規模を縮小した戦闘準備態勢総合訓練を行っている。訓練の規模を縮小し、非公開で実施するため、「北朝鮮の顔色ばかりうかがっている」との批判の声も出ている。

 韓国の空軍関係者は「韓米同盟の連合作戦の遂行能力を確認するための定例訓練」と説明。訓練の実施を公開しなかったことについては「定例訓練を毎回事前に通知しない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。