Go to Contents Go to Navigation

タンカー拿捕 イランへの「法的対応準備」=韓国外交部

記事一覧 2021.01.06 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国船籍のタンカーがホルムズ海峡近くのペルシャ湾でイラン革命防衛隊に拿捕(だほ)された問題で、韓国の外交部は6日、法的な対応を準備していると国会に提出した資料で明らかにした。

国会外交統一委員会に出席した外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官=6日、ソウル(聯合ニュース)

 同部は▼拿捕が環境汚染と関連しているとしたイランの主張の真偽▼領海侵犯の有無▼イラン側がタンカーに乗船した際の国際法順守の有無――などについて事実確認を行っていると説明した。

 同部によると、イラン側はタンカーが複数回にわたって環境規制に違反したと主張しているが、船会社は「汚染行為は一切なかった」と反論している。

 資料では「『故意的かつ重大な汚染行為』を立証しない限り、国際法違反はしていないと判断する」と説明した。

 拿捕の背景を巡り、韓国の銀行にあるイランの資産が凍結されている問題、米国との対立問題などが指摘されていることに関しては、「推測による予断よりは、あらゆる可能性を開き、事態の解決に力を入れている」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。