Go to Contents Go to Navigation

女児虐待死事件の波紋広がる 職務怠慢で警察署長を告発=韓国

記事一覧 2021.01.06 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国で昨年10月、養子として引き取られた1歳4カ月の女児が養父母から虐待を受け死亡した事件を巡り、市民団体が6日、虐待の通報を受けながら適切な対応を取らなかったとして、ソウル陽川警察署の李和燮(イ・ファソプ)署長を職務怠慢などの疑いでソウル南部地検に告発した。

ソウル南部地検に市民らが送った女児を追悼する花輪が置かれている=6日、ソウル(聯合ニュース)

 事件は今月、テレビ番組で取り上げられ、社会に大きな衝撃を与えた。インターネット上では激しい虐待を受けて死亡した女児を追悼し、虐待を行った養母や責任者の厳罰を求める声が強まっている。養母は児童虐待致死などの疑いで逮捕された。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「極めて残念で、あってはならないことが起きた」として、養子縁組制度を点検するよう指示した。

 団体は李署長について、「保育園の教師や医師ら専門家から虐待が疑われるとの通報を3回も受けたにもかかわらず黙殺するなど、職務を怠った」として、「まだ責任を回避している」と主張した。

 同署長は聯合ニュースの取材に対し、「心が重く、惨憺(さんたん)たる思いだ」と述べた。

 同署ホームページの掲示板には警察の対応を非難する書き込みが殺到し、一時は接続が不安定になった。

 青瓦台(大統領府)のホームページには李署長と担当警察官の罷免を求める請願が投稿され、1日で20万人以上が賛同した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。