Go to Contents Go to Navigation

[韓流]スポティファイが年末決算公開 昨年の再生回数最多はBTS

記事一覧 2021.01.07 14:18

【ソウル聯合ニュース】音楽配信最大手のスポティファイは7日、今年上半期に韓国でサービスを開始するのに先立ち「2020年グローバルK―POP年末決算」を公開した。

スポティファイはストリーミングのトレンドを集計した「Wrapped」を毎年発表している(スポティファイ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社のプラットフォームで昨年最も多くストリーミング再生された韓国アーティスト10組の記録を合計すると、106億7000万回を超える。最多再生回数を記録した韓国アーティストはBTS(防弾少年団)で、世界のグループの中でも最も多かった。

 韓国アーティストの再生回数は、BTSに続いてBLACKPINK(ブラックピンク)、TWICE(トゥワイス)、Stray Kids(ストレイキッズ)、Red Velvet(レッドベルベット)、EXO(エクソ)、SEVENTEEN(セブンティーン)、IU(アイユー)、NCT127、(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)の順で多かった。

 女性ソロ歌手ではIUが最多再生回数を記録した。男性ソロ歌手では、昨年「Agust D」名義でミックステープを発表したBTSのSUGA(シュガ)が最多だった。

 ヒップホップ・R&Bジャンルではジコ(ZICO)の「Any song」とEXOのベクヒョンの「Candy」がそれぞれ最多だった。オリジナル・サウンドトラック(OST)の中ではドラマ「梨泰院クラス」の挿入歌となったBTSのV(ブイ)の「Sweet Night」が最多を記録した。

 韓国の新鋭アーティストを世界に紹介する「RADAR Korea」プレイリストでは、12人組男性グループのTREASURE(トレジャー)が最も注目された。

 今回の決算は、スポティファイが毎年ストリーミングのトレンドを集計して発表する「Wrapped」に基づくもので、20年1月1日から11月15日までの世界の利用者のデータを基盤に分析した。

 同社の関係者は「今回の年末決算は、韓国の多彩なアーティストと音楽の世界的な成功を積極的にサポートしようとするスポティファイのビジョンを反映している」と説明した。

スポティファイでの韓国アーティストトップ10組の昨年の再生回数は合計106億7000万回を超える(スポティファイ提供)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。