Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(1月7日)

◇新規コロナ感染者870人 3日連続1千人下回る

 韓国の中央防疫対策本部は7日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から870人増え、累計6万6686人になったと発表した。市中感染が833人、海外からの入国者の感染が37人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(838人、当初発表の840人から修正)より32人多いが、5日から3日連続で1000人を下回った。

ソウル市内の新型コロナウイルス臨時検査所=(聯合ニュース)

◇拿捕タンカーの解放交渉 政府代表団がイランに出発

 韓国船籍のタンカーがホルムズ海峡近くのペルシャ湾でイラン革命防衛隊に拿捕(だほ)された問題で、船舶と船員の早期解放に向けた交渉を行う韓国政府の実務代表団が7日、イラン現地に向け出発した。代表団は外交部の高ギョン錫(コ・ギョンソク)アフリカ中東局長が団長を務める。高氏は仁川国際空港で記者団に「(イラン側の)カウンターパートと面会し、問題解決に役立つなら多様な経路で(関係者らに)会う」と述べた。

◇あすから屋内スポーツ施設の営業認める 9人以下で児童・青少年に限り

 政府は8日から、新型コロナウイルスの防疫対策として営業禁止を命じていた全ての屋内スポーツ施設について、同時利用人数を9人以下に制限する条件付きで営業を認めることを決めた。利用対象は児童・青少年の学習目的に限られるため、実効性を巡って議論を呼ぶことが予想される。政府は防疫対策「社会的距離の確保」を17日まで2週間延長したが、スキー場のほかテコンドー、バレエ教室など一部施設に対してのみ営業制限措置を緩和したため、公平性を巡って論争が起こっていた。

◇文大統領不支持率が60%突破 朴槿恵氏赦免問題などが悪材料に

 世論調査会社、リアルメーターが発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より1.5ポイント下落した35.1%、不支持率は1.3ポイント上がった61.2%となった。同社の平日の調査で文大統領の不支持率が60%を上回るのは初めて。休日の1~2日に実施された調査では61.7%を記録した。同社のペ・チョルホ首席専門委員は与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表が言及した朴槿恵(パク・クネ)前大統領と李明博(イ・ミョンバク)元大統領の赦免問題、ソウル東部拘置所での新型コロナウイルス集団感染などが悪材料になったと分析した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。