Go to Contents Go to Navigation

防疫強化で休業の屋内スポーツ施設 8日から条件付きで営業可能に=韓国

記事一覧 2021.01.07 15:57

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が新型コロナウイルス感染拡大の「第3波」を受け、防疫対策として営業禁止措置を出した屋内スポーツ施設に対し、8日から条件付きで営業再開を認める。

今月4日、政府の防疫対策に反発し、再びオープンした京畿道のスポーツジムに警察が出動した=(聯合ニュース)

 屋内スポーツ施設はスポーツジム、剣道道場、キックボクシングジム、サッカー教室、ボーリング場、プール、卓球場、ビリヤード場、ゴルフ練習場などが該当する。政府の中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)戦略企画班長は7日の会見で、塾やテコンドー教室と同様に同じ時間帯の利用者9人以下、利用者を児童・青少年に制限する条件で営業を認めると説明した。

 ただ、営業を認める条件として利用者を児童・青少年に制限したことについては議論を呼びそうだ。スポーツジムの関連団体代表は「ジムの利用客の99%は成人だ」と強く反発している。

 政府は今月3日に終了予定だった防疫対策「社会的距離の確保」のレベル強化を17日までに延長したが、スキー場などウインタースポーツ施設、テコンドー教室、バレエ教室など一部の施設に対しては営業制限を緩和したため、公平性に欠けるとの指摘が出ていた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。