Go to Contents Go to Navigation

韓国の寒さピークは8日 氷点下25度以下のところも

記事一覧 2021.01.07 20:14

【ソウル聯合ニュース】韓国は8日に寒さのピークを迎え、朝の最低気温は前日より5~7度下がり、全国のほとんどの地域で氷点下10度を下回る見通しだ。気象庁が7日に発表した予報によると、8日朝の最低気温は氷点下26~同9度、昼の最高気温は氷点下12~同1度程度になる。

厚着をして出勤するソウル市民=(聯合ニュース)

 中部内陸と全羅北道の東部、慶尚北道の北部内陸は氷点下20度以下に、中部地方のその他の地域、全羅北道の西部、全羅南道の北部、慶尚北道のその他の地域、慶尚南道の西部内陸は氷点下15度以下になることが予想される。

 また日中の最高気温も首都圏と江原道西部では氷点下10度を、忠清北道・南道、全羅北道・南道、慶尚北道は氷点下5度を下回ることが予想される。気象庁は強風で体感温度はさらに低くなるため、臨時設置された新型コロナウイルスの検査所など寒い場所で働く人や、体の弱い人は健康管理に特に注意するよう呼び掛けた。

 9日から多少暖かくなるものの、10日までは朝の気温が氷点下10度以下になり、来週も気温が一時的に上がる13~14日を除けば当分寒さが続く見通しだ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。