Go to Contents Go to Navigation

WHO事務局長が文大統領に書簡 コロナ巡る国際連帯努力に感謝伝える

記事一覧 2021.01.08 15:58

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は8日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に書簡を送り、新型コロナウイルス感染症への対応における韓国政府の国際連帯への努力に感謝を示したと明らかにした。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 テドロス氏は書簡で、文大統領が「国際社会に大きな苦難を招いた(新型コロナの)危機に立ち向かうための全地球的な連帯をみせた」として感謝を表明した。

 また「新たな医薬品の登場によりパンデミック(世界的な大流行)終息へ希望を持てるようになった」とし、「(ワクチンを共同購入する国際的枠組みである)COVAX(コバックス)に対する文大統領の支援も、コロナ終息に重要な役割を果たすだろう」と伝えた。

 さらに、「韓国が文大統領のリーダーシップの下、効果的にウイルスをコントロールできる事を示した」と評価し、引き続き緊密な協力を求めた。

 文大統領はこれに返書を送り、新型コロナ対応のためのWHOの献身を評価するとともに、グローバル保健ガバナンス(統治)の強化に向けた議論に韓国が主導的に加わるなど、今年も協力を継続していくことを伝える予定だという。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。