Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮に近い海上で行方不明の韓国海軍幹部 遺体で発見

記事一覧 2021.01.09 12:07

【ソウル聯合ニュース】黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い白ニョン島沖で夜間任務中に行方不明になった韓国海軍艦艇の幹部1人が9日午前、遺体で発見された。

黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い白ニョン島(資料写真)=(聯合ニュース)

 海軍は事故経緯や航海安全事項などを確認するとともに、対策を講じる予定。

 遺体で見つかった幹部は8日午後9時半以降、姿が見えなくなった。艦艇には約40人の乗組員が乗っていた。

 軍当局は船舶共通通信システムの国際VHFなどを通じ、乗組員の行方不明を伝え、捜索活動を行っていた。国際VHFなどは北朝鮮も受信できる。当時、雪が降るなど気象状況がよくなかったことから転落など、さまざまな可能性を念頭に捜索を行ったとされる。

 死亡原因は今後、調査を通じ究明するとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。