Go to Contents Go to Navigation

韓中日が絡む済州島南端の航空管制 韓国に一元化へ

政治 2021.01.11 17:46

【ソウル聯合ニュース】韓国国土交通部は11日、韓中日3カ国の管制権が交わり事故が懸念される韓国南部・済州島南端の航空回廊(コリドー)について、管制権を韓国に一元化することで先月25日に中国、日本と合意したと発表した。

現行の航空回廊と段階別の改善案(国土交通部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 これにより、3月25日から済州島南端の航空回廊で新たな航路と航空管制システムが段階的に構築、運営される。

 今回の合意は、2019年11月に韓中日3カ国が国際民間航空機関(ICAO)に報告した暫定合意に基づく措置だ。

 3カ国は当初昨年4月から新たな航路システムに転換する方針だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により協議が遅れ、施行が約1年先送りされた。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。