Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮党大会7日目に部門別協議会 参加者はマスク着用

北朝鮮 2021.01.12 09:36

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が第8回朝鮮労働党大会7日目の11日、決定書の草案作りのため部門別の協議会を開いた。

北朝鮮が第8回朝鮮労働党大会7日目の11日に部門別の協議会を開いた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朝鮮中央通信は12日、前日の協議会について伝えながら「党中央委員会事業総括報告で提示された課業を徹底的に貫徹するための決定書草案の研究に入った」と報じた。

 協議会は工業、農業、軽工業、教育、保健、文化、軍事、軍需工業、党・勤労団体などの部門別に開かれ、党政治局常務委員の崔竜海(チェ・リョンヘ)氏、趙勇元(チョ・ヨンウォン)氏、李炳哲(リ・ビョンチョル)氏、金徳訓(キム・ドクフン)氏が指導した。

 軍事・軍需工業部門では、国防力強化が安全と平和守護のためのしっかりとした担保となるとし、国防工業の発展を強調した。

 経済分野でも多様な議論が行われた。工業部門では金属・化学工業への投資集中と基幹工業の生産正常化について討議し、農業部門では科学的農業、干拓、農業の機械化などが案件として取り上げられた。

 党大会は8日目の12日も続くとみられる。2016年の第7回党大会は4日間で終了したが、今回は事業総括報告後の討論を2日間行い、決定書草案作成委員会を構成して部門別協議会も開き、党大会が形式的でないことを強調しようとしているように見受けられる。

 今回の党大会では党総書記に選出された最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏をはじめ出席者がマスクを着用していなかったが、部門別協議会では発言者を除き全員がマスクを着用した。

 また、朝鮮中央通信が協議会について報じた際に、正恩氏の最側近とされる趙勇元氏の名前が崔竜海氏に次いで2番目に登場し目を引く。趙氏は党政治局常務委員の序列で5番目に名前が呼ばれていた。

部門別協議会では出席者がマスクを着用した(労働新聞ホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。