Go to Contents Go to Navigation

20年のエコカー国内販売20万台突破 8割はハイブリッド=韓国

記事一覧 2021.01.12 11:04

【ソウル聯合ニュース】韓国国内でのエコカー(環境対応車)の年間販売台数が昨年初めて20万台を超えたことが12日、分かった。

電気自動車(EV、ゲッティイメージバンク提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国完成車メーカーの業績資料と韓国輸入自動車協会の統計によると、2020年のエコカーの国内販売台数は国産車・輸入車を合わせ21万3264台で、前年比53.5%増加し、過去最高を記録した。

 自動車統計の専門機関、カーイズユー・データ研究所が集計した米電気自動車(EV)メーカーのテスラの販売台数(1万1826台)も含めると、20年のエコカー販売は22万5090台に達する。

 エコカー人気をけん引したのはハイブリッド車(HV)だ。20年のHVの国内販売台数はプラグインハイブリッド車(PHV)を含め17万4684台で、エコカー販売全体の81.9%を占めた。前年比では26.5%の増加。

 HV販売の内訳は現代自動車と子会社の起亜自動車が前年比68.4%増の12万8229台、輸入車が67.6%増の4万6455台だった。

 ただ、今年からHVにかかる取得税の減免上限額が引き下げられ、PHV取得に対する補助金制度も廃止されるため、HV人気が今年も継続するかどうかは未知数だ。

 一方、EVはテスラの躍進が目覚ましく、20年に国内で販売されたEVの4台に1台がテスラ車だった。

 20年の輸入EVの販売台数は前年比約3倍増の1万5183台で、このうちテスラ車が77.9%を占めた。これに対し、国産EVは3万1017台で前年比1.7%増にとどまった。

 今年は高価格のEVに対する補助金優遇が減り、輸入車ブランドが競って新たなEVモデルを出すことから、テスラの独走構図が揺らぐとの見方が出ている。韓国メーカーでは、現代が今年初めにEV専用プラットフォーム(車台)を採用した「アイオニック5」を発売する。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。