Go to Contents Go to Navigation

韓国サッカーU-23監督 東京五輪で2位以上目指す

記事一覧 2021.01.12 18:28

【江陵聯合ニュース】サッカー男子のU―23(23歳以下)韓国代表を率いる金鶴範(キム・ハクボム)監督は12日、東京五輪で2012年のロンドン五輪で獲得した銅メダルを超える成績を収めたいと抱負を述べた。

取材に応じる金鶴範監督=12日、江陵(聯合ニュース)

 東京五輪で韓国サッカー史上初めてとなる決勝進出を目指す考えだ。

 金監督は「選手たちも全員が(ロンドン五輪の記録を破ることを)願っている」とし、「選手たちが五輪の重要性、今回の練習の重要性について私よりよく理解して練習に臨んでいる」と説明した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期になった東京五輪の正常な開催は依然として不透明な状態だ。金監督はこれと関連し「開かれても、開かれなくても最善を尽くして準備する」と述べた。

 11日から江原道の江陵総合運動場で始まったU―23韓国代表の練習は来月2日まで続く。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。