Go to Contents Go to Navigation

20年の失業率4.0% コロナ禍で01年以来の高水準=韓国

記事一覧 2021.01.13 09:22

【世宗聯合ニュース】韓国の統計庁が13日に発表した雇用動向によると、2020年の失業率は4.0%で、前年に比べ0.2ポイント悪化した。01年(4.0%)以来の高水準。失業者数は前年比4万5000人増の110万8000人で、比較可能な00年以降で最多となった。

求人情報をみつめる市民(資料写真)=(聯合ニュース)

 20年の就業者数は2690万4000人で、前年比21万8000人減少した。減少幅はアジア通貨危機時の1998年(127万6000人減)以来の大きさ。

 年間就業者数が前年比でマイナスとなるのはリーマン・ショック後の09年(8万7000人減)以来。

 20年12月の就業者数は2652万6000人で前年同月比62万8000人減少した。減少幅は99年2月(65万8000人)以来の大きさとなった。

 就業者数は新型コロナウイルス感染拡大の影響が表れ始めた20年3月以降、10カ月連続で減少し、98年1月から16カ月連続減少して以来の長さとなった。

 20年の就業率は前年比0.8ポイント下落の60.1%で、13年(59.8%)以来で最低となった。

 統計庁によると、新型コロナの感染拡大で宿泊、卸・小売業、教育など対面サービス業種を中心に就業者数が大幅に減少した。21年の雇用状況も感染者数の推移の影響を受けるだろうと同庁は指摘した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。