Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(1月13日)

◇金与正氏が党副部長に降格 軍事パレード巡り韓国非難の談話

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏は12日、「党中央委員会副部長」として談話を発表し、朝鮮労働党第8回党大会記念の閲兵式(軍事パレード)開催の動きをとらえたとする韓国軍合同参謀本部を「けしからん」と厳しく非難した。朝鮮中央通信が13日、伝えた。与正氏は5日から12日まで開催された党大会で党政治局候補委員から外され、党中央委員会委員となった。党での肩書もこれまでの第1副部長から副部長に降格したことが確認された。ただ、与正氏の名前で韓国向けの談話を発表したことから、政治的な立ち位置と役割は従来通りであることを示したといえる。

金与正氏=(聯合ニュースTV)

◇女児虐待死事件きょう初公判 養母に殺人罪適用へ

 ソウル南部地裁は13日、養子として引き取った1歳4カ月の女児、ジョンインちゃんを虐待して死亡させたとして、児童虐待犯罪の処罰等に関する特例法違反(児童虐待致死)などの罪に問われた養母の初公判を開く。児童福祉法違反(児童虐待)の罪で在宅起訴された養父もあわせて裁判を受ける。検察は養母に殺人罪を適用するとみられる。養母側は虐待や放任などの罪について一部認めているが、殺人罪はついては否認する見通しだ。

◇ソウル市長補選 羅卿ウォン氏がきょう出馬宣言

 最大野党「国民の力」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)前国会議員は13日、4月に行われるソウル市長補欠選挙への出馬を宣言する。2011年に行われた同市長補欠選挙に与党・ハンナラ党(現・国民の力)から出馬し、野党系の単一候補として出馬した無所属の故朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長に敗れてから10年ぶりに再出馬することになる。一方、出馬を宣言している野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は児童虐待予防と対応に関する懇談会を開き、関連対策を議論する。

◇凍結資産 イラン「韓国政府の措置に不満」

 韓国船籍のタンカーがホルムズ海峡近くのペルシャ湾でイラン革命防衛隊に拿捕(だほ)された問題と、米国の制裁により韓国で凍結されたイラン関連資産の問題を議論するために韓国代表団がイランを訪問したが、イラン政府はこの間の韓国政府の措置に対して不満を吐露した。イラン外務省の報道官は12日(現地時間)の会見で「イランは以前から凍結された資産に対する韓国政府の対応に不満を示してきた」としながら、「韓国内のイラン資産凍結問題の進展は非常に遅く、イラン政府はこれまでに起こったことに対して満足していない」と述べた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。