Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(1月13日)

◇コロナ新規感染が連続500人台 累計は7万人超える

 韓国の中央防疫対策本部は13日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から562人増え、累計7万212人になったと発表した。市中感染が536人、海外からの入国者の感染が26人だった。1日当たりの新規感染者数は2日連続で500人台にとどまっており、昨年11月中旬から本格化した流行の「第3波」の勢いは弱まりつつある。累計感染者数は、最初の感染者が見つかった昨年1月20日からおよそ1年で7万人を超えた。

雪が降りしきる中、ソウル駅前の広場の臨時検査所で新型コロナウイルスの検査を受ける市民=12日、ソウル(聯合ニュース)

◇20年の失業率4.0% コロナ禍で01年以来の高水準

 統計庁が発表した雇用動向によると、2020年の失業率は4.0%で、前年に比べ0.2ポイント悪化した。01年(4.0%)以来の高水準。失業者数は前年比4万5000人増の110万8000人で、比較可能な00年以降で最多となった。20年の就業者数は2690万4000人で、前年比21万8000人減少した。減少幅はアジア通貨危機時の1998年(127万6000人減)以来の大きさ。

◇タンカー拿捕 政府代表団が成果なく帰国へ

 韓国船籍のタンカーがホルムズ海峡近くのペルシャ湾でイラン革命防衛隊に拿捕(だほ)された問題で、船舶と船員の早期解放に向けた交渉を行うためイランを訪問した韓国政府の代表団は、双方の立場の違いを確認しただけで成果のないまま帰国の途に就いた。韓国外交部は、問題が解決するまで交渉を続けるとの方針を示した。

◇女児虐待死事件の初公判 検察が養母に殺人罪適用

 養子として引き取った1歳4カ月の女児、ジョンインちゃんを虐待して死亡させた罪に問われた養母の初公判がソウル南部地裁で開かれた。検察は起訴状に記載する主な公訴事実について、殺人罪の追加を請求した。検察は「起訴後に法医学者などの検討を経て殺人罪を主位的な公訴事実とした」と明らかにした。一方、養母の弁護士は「故意に被害者を死亡させたことはない」として殺人罪と虐待致死罪を否認した。

◇北朝鮮党大会 政策提示できず終了「妙案なし」

 北朝鮮の第8回朝鮮労働党大会が、対外・対内政策の方向性や路線を提示できないままに閉会した。金正恩(キム・ジョンウン)総書記の最高指導者就任10年に合わせて開かれた今回の党大会には国際社会の注目が集まったが、米国と韓国に強い姿勢を示す一方で対話への余地も残すという「可変的な対応」を予告するに留まった。その上で、軍事力強化に対する意志を改めて示した。対内的には経済目標の達成に失敗したことを認め、新たな戦略や目標は発表できなかった。米朝交渉の膠着(こうちゃく)や経済難が長期化する中、打ち出せる成果もこれといった妙案もない北朝鮮の状況が反映された結果とみられる。

◇次期大統領選候補の支持率 京畿道知事が僅差で首位

 世論調査会社ハンギルリサーチが発表した調査結果によると、次期大統領選挙(2022年3月)への出馬が予想される人物の支持率は、与党「共に民主党」所属で京畿道知事の李在明(イ・ジェミョン)氏が25.5%でトップ、次いで検事総長の尹錫悦(ユン・ソギョル)氏が1.7ポイント差の23.8%だった。一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は40.7%、不支持率は56.9%となった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。