Go to Contents Go to Navigation

女児虐待死事件の初公判 検察が養母に殺人罪適用=韓国

記事一覧 2021.01.13 15:27

【ソウル聯合ニュース】韓国で昨年10月、養子として引き取られた1歳4カ月の女児が養父母から虐待を受け死亡した事件の初公判が13日、ソウル南部地裁で開かれた。検察は養母の起訴内容の変更を請求し、殺人罪を適用した。養母の弁護人は「故意ではなかった」と殺人罪を否認した。

地裁前で「死刑」などと書かれたプラカードを掲げ、養父母の厳罰を求める市民ら=13日、ソウル(聯合ニュース)

 事件は今月、テレビ番組で取り上げられ、社会に大きな衝撃を与えた。インターネット上などでは激しい虐待を受けて死亡した女児を追悼し、虐待を行った養母や責任者の厳罰を求める声が強まっている。

 検察は先月、養母を児童虐待致死などの罪で起訴。殺人罪は起訴事実に含まれていなかった。だが、「被告が継続的に被害者の腹部に強い力を加えれば死亡に至る可能性があることを知りながらも足で被害者の腹部を強く踏むなど力を加えた」として、殺人罪を適用した。

 これに対し、養母の弁護人は被害者がご飯を食べず、腹が立って被害者の腹部などを叩いたなどとし、虐待行為があったことは認めながらも、「臓器が損傷されるほど強い力は行使していない」と主張した。

 一方、児童福祉法違反などの罪で在宅起訴された養父は虐待の事実を知らなかったと主張した。

公判後、地裁を出る養父=(聯合ニュース)

女児の墓地に生前の写真が置かれている=13日、楊平(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。