Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮党大会 「内部結束に重き」=韓国高官

北朝鮮 2021.01.13 17:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部高官は13日、北朝鮮が5~12日に開催した朝鮮労働党大会で示した対米・対韓メッセージについて、「いろいろな可能性を開いておいた」との見方を示した。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは党大会が12日に閉会したと伝えた。崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長とあいさつする金総書記(左、同テレビより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金正恩(キム・ジョンウン)総書記は党大会で、米国に対しては「(相手の出方次第で対応を変える)強対強、善対善」の原則を示し、韓国には先端軍事兵器の導入や韓米合同軍事演習の中止を求め、「根本問題から解決しなければならない」と述べた。

 同高官は「党大会は基本的に内部の結束を図る方に重きを置く」として、「経済分野を深く議論したとみられる」と分析。「経済成果は(目標を)大きく下回ったとしたため、軍事的な成果をアピールした」とし、「今後の5年間について『以民為天・一心団結・自力更生』を示したことは、これからの5年は経済的な成果をつくることに努力するということ」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。