Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(1月14日)

記事一覧 2021.01.14 18:00

◇朴槿恵前大統領 差し戻し上告審で懲役20年確定

 大法院(最高裁)は14日、大統領在任中に長年の知人と共謀してサムスングループなどから多額の賄賂を受け取った事件と、情報機関・国家情報院から巨額の裏金を受け取った事件で収賄罪や職権乱用罪などに問われた前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告(68)に対する差し戻し審判決で、差し戻し控訴審判決を支持し懲役20年、罰金180億ウォン(約17億円)、追徴金35億ウォンを言い渡した。2016年10月に疑惑の一部が明るみに出てから約4年3カ月で判決が確定した。朴被告についてはこのほかに、大統領在任中の16年の総選挙の際、当時の与党セヌリ党(現最大野党「国民の力」)の公認候補選びに違法に介入した事件で懲役2年の刑が確定しているため、計22年の懲役となる。

朴槿恵氏(資料写真)=(聯合ニュース)

◇最大野党支持率が与党上回る ソウルでは10.1ポイント差

 世論調査会社、リアルメーターが発表した政党支持率によると、最大野党「国民の力」の支持率は前週より1.6ポイント下落した31.9%、与党「共に民主党」は1.4ポイント上昇の30.7%だった。4月に市長の補欠選挙が実施されるソウル市では、国民の力が34.7%で2.0ポイント上昇し、共に民主党は24.6%で4.4ポイント下落した。支持率の差は前週の3.7ポイントから10.1ポイントに拡大した。

◇新規コロナ感染者が3日連続500人台 減少傾向続く

 中央防疫対策本部は、14日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から524人増え、累計7万728人になったと発表した。市中感染が496人、海外からの入国者の感染が28人だった。1日当たりの新規感染者数は昨年12月下旬に1200人台に達したが、今月に入ると8~10日は3日連続で600人台、11日は400人台半ばまで低下。12日からは3日連続で500人台にとどまり、明らかな減少傾向がみられる。

◇コロナ防疫措置延長か 解除は「難しい可能性ある」

 中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は、政府の強化された新型コロナウイルス防疫対策「社会的距離の確保」と、5人以上の私的な集まりを禁じる措置について「すぐに解除するのは難しい可能性があると判断している」と述べた。尹氏は、ここ1週間の市中感染者数の1日平均は500人程度を維持しているが、流行の第1波、第2波に比べれば相当多い水準だと説明した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。