Go to Contents Go to Navigation

首都圏のコロナ臨時検査所 再延長で17日以後も運営へ=韓国

社会・文化 2021.01.14 17:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は14日、首都圏に設置した新型コロナウイルスの臨時検査所について、運営期間を延長する予定と発表した。

ソウル市内のウイルス検査所で待機する医療関係者=14日、ソウル(聯合ニュース)

 運営する検査所の数や期間については、地方自治体との調整や、防疫対策「社会的距離の確保」のレベルなどを踏まえ、16日に発表する予定という。

 防疫当局は昨年11月中旬以後、首都圏を中心に感染者が増加したことを受け、市中の隠れた感染者を先んじて見つけるために、流動人口が多い地域に臨時の検査所を設置した。

 臨時検査所を巡っては、社会的距離の確保のレベルが首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)で上から2番目の第2.5段階、首都圏以外の地域で第2段階が維持される今月17日まで運営が延長されていた。

 現在首都圏ではソウル市56カ所、京畿道75カ所、仁川市13カ所の計144カ所の臨時検査所が運営されている。

 臨時検査所では症状の有無と関係なく、携帯電話の番号を提出すれば、誰でも匿名で検査を受けることができる。

 先月14日以降現在までに首都圏の臨時検査所で行われた匿名の検査は計106万6949件で、このうち3171人が陽性判定を受けた。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。