Go to Contents Go to Navigation

文大統領「関係の早期修復必要」 離任の駐韓日本大使との面談で

記事一覧 2021.01.14 19:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、離任予定の日本の冨田浩司・駐韓大使と青瓦台(大統領府)で面談し、「韓日両国が建設的で未来指向的な関係を早期に修復していく必要がある」と述べた。青瓦台の康珉碩(カン・ミンソク)報道官が会見で伝えた。

文大統領(右)と冨田氏(青瓦台提供)=14日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 日本政府は先月25日に、冨田氏を駐米大使に充てる人事を決定。後任には相星孝一駐イスラエル大使が就任する。

 文大統領は冨田氏が約1年2カ月にわたり、駐韓大使として韓日関係の調整や両国の懸案解決のために努力してきたことを評価し、「韓日両国は最も近い隣国であり、北東アジアや世界の平和・繁栄のために共に進むべき最も重要なパートナー」と述べた。 

 冨田氏は文大統領に謝意を伝えたという。

 一方、文大統領はこの日、青瓦台で姜昌一(カン・チャンイル)新駐日大使に信任状を授与し、「韓日両国は現在難しい状況にあるが、長い歴史を共有する最も近い隣国であり北東アジアや世界の平和・安定のために協力するパートナー」とし、「両国関係が未来指向的に発展しなければならない」と強調した。 

 また、「(両国関係で)問題が生じても、未来指向的に発展しなければならない両国関係全体がそれに悪影響を受けてはならない」とし、「それはそれとして解決策を探し、未来指向的な関係のための対話の努力はそれとは別に続けなければならない」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。