Go to Contents Go to Navigation

コロナのワクチン接種 「疾病庁長が全権指揮を」=文大統領

政治 2021.01.15 17:07

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長から新型コロナウイルスのワクチン接種計画に関する報告を受け、「最も重要なのは高い信頼を維持すること」と述べ、国民に詳細な情報を提供するよう指示した。

文大統領(左)と鄭庁長(資料写真)=(聯合ニュース)

 青瓦台(大統領府)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官によると、鄭庁長は「政府を挙げて使用可能な資源を総動員してコロナ予防接種対応推進団を設置し、各官庁から職員の支援を受け、接種段階別に協力するシステムを構築する」と報告した。

 接種段階はワクチンの許可、輸送、保管・流通、接種準備、接種施行の5段階に分けられる。

 文大統領はワクチン接種について、疾病管理庁長が全権を持って全官庁を指揮するよう指示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。