Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車メーカー 20年のSUV国内販売が初の60万台超

記事一覧 2021.01.17 13:31

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車産業協会(KAMA)によると、韓国メーカーが2020年に国内で販売したスポーツタイプ多目的車(SUV)が前年比15.3%増の61万5982台となり、初めて60万台を超えた。乗用車販売(137万4715台)に占める割合は44.8%となり、3.5ポイント上昇した。

ジェネシスのGV70(同社提供)=(聯合ニュース)

 多目的レジャー車(RV)は71万8295台が販売され、全体の52.3%を占めた。新型コロナウイルスの影響で車中泊の需要が増えたのに加え、新型モデルが相次いで発売されたことが後押ししたとみられる。

 現代自動車のSUV販売台数は24万8242台で、前年比3.9%増加した。自動車販売全体にSUVが占める割合は31.5%だった。販売台数が最も多かったのは「パリセード」(6万4791台)で、SUVモデル全体では販売台数2位だった。

 現代の子会社・起亜のSUV販売台数は19万6453台となり、前年比で21.3%伸びた。自動車販売全体(55万2400台)に占める割合は35.6%だった。「ソレント」の販売が同57.2%増の8万2275台となり、SUVモデル全体で販売台数1位になった。

 韓国GMのSUV販売台数は前年比114.8%増の3万3268台だった。自動車販売全体に占める割合は40.1%だった。最多販売モデルは「トレイルブレイザー」(2万887台)だった。

 ルノーサムスン自動車のSUV販売台数は8万3199台となり、前年比59.0%増えた。自動車販売全体に占める割合は86.7%となった。最多販売モデルは「QM6」(4万6825台)だった。

 双竜自動車の20年の国内販売台数は前年比18.5%減の8万7888台で、全てがRVだった。

 SUVの好調は今年も続く可能性が高い。ソレントやパリセードなどの人気が続いており、先月発売された現代の高級車ブランド「ジェネシス」の小型SUV「GV70」の販売が本格化するとみられ、新型モデルの発売による効果も期待される。

起亜のソレント(同社提供)=(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。