Go to Contents Go to Navigation

文大統領「遅くとも11月に集団免疫」 新型コロナワクチン巡り

記事一覧 2021.01.18 11:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日に年頭の記者会見を開き、新型コロナウイルスワクチンの接種計画を巡り「遅くとも11月には集団免疫が完全に形成されるだろう」と述べた。「接種の時期や集団免疫の形成時期などは、他国に比べ決して遅くなく、むしろ早い」と強調した。

記者会見で発言する文大統領=18日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は、ワクチンは十分な量を確保済みで、2月から9月までの間に接種を必要とする国民の1回目接種を終える計画だと説明し、そのころにはおおむね集団免疫が形成されるとの考えを示した。

 また、18日午前0時までの24時間に国内で確認された新型コロナの新規感染者が389人と54日ぶりに300人台にとどまったことを挙げ、流行の「第3波」の勢いが衰えているのは明白だと指摘。「来月からワクチンの接種を開始し、治療薬も使える。気を緩めず、もう少しだけ耐えてほしい」と国民に呼び掛けた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。