Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏の訪韓に期待 「いつ、どこでも会う用意」=文大統領

記事一覧 2021.01.18 14:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、青瓦台(大統領府)で年頭の記者会見を開き、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の訪韓について、「南北の間で合意した事項」として、「いつか行われることを期待している」と述べた。

記者会見を行う文大統領=18日、ソウル(聯合ニュース)

 ただ、「(韓国)訪問が先に行われるべきだと固執する必要はない」として、「いつ、どこでも金委員長(総書記)に会う用意があり、出会いが継続され、信頼が構築されればいつか訪問も行われると思う」と述べた。その上で、「金委員長の平和に対する意志、対話に対する意志、非核化に対する意志は明確にあると思う」と強調した。

 文大統領は「北が求めているのは、米国から確実に体制の安全を保証され、北と米国の関係が正常化しなければならないということ」とし、「これをどう履行するか合意できず、ハノイでの朝米(米朝)首脳会談が物別れに終わった」と述べた。

 20日に発足するバイデン米政権に関しては、「『トップダウン』より『ボトムアップ』の会談を好むとされる。朝米が緊密に対話をすれば十分に解決策を見つけられる」とし、「解決策を見つけられるよう、韓国も最善を尽くす」と話した。

 任期内の南北首脳会談の可能性に関しては、「残っている時間が多くない」として、「南北関係の発展という成果を出せば、首脳会談はいつ、どこでもできる。急ぐことはできないが、残りの最後の時間に最善を尽くしたい」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。