Go to Contents Go to Navigation

20年のカラオケ店開業が過去最低に 廃業は5倍以上の2千店超=韓国

記事一覧 2021.01.19 11:28

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルス感染拡大のあおりで、韓国で昨年、カラオケボックスの開業数が過去最低となった。

ソウル市内のカラオケボックス=(聯合ニュース)

 不動産市場動向の分析などを行う商街情報研究所が行政安全部の統計を分析した結果、昨年全国で開業したカラオケボックスは389店で、関連統計を取り始めた1987年以降最も少なかった。

 一方、昨年廃業したカラオケボックスは2137店で2007年(2460店)に次ぐ多さだった。

 新型コロナの感染拡大後、カラオケボックスは事実上の営業停止措置となる集合禁止命令の対象となった。同研究所の研究員は「(カラオケボックスに対し)密閉された空間という認識が強く、開業が減少し廃業が増加する現象が顕著になった」と説明した。集合禁止命令が緩和され営業は可能になったが、数人で訪れるカラオケボックスの特性上、売り上げが目に見えて伸びる可能性は低いとの見方を示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。