Go to Contents Go to Navigation

軍事会談で北朝鮮といかなる問題も協議可能 韓国国防部

記事一覧 2021.01.19 11:56

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の夫勝チャン(プ・スンチャン)報道官は19日の定例会見で、「南北の軍事的な緊張緩和のため、いかなる問題も南北軍事共同委員会など軍事会談を通じて協議できる」との立場を明らかにした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日の記者会見で韓米合同軍事演習について、「必要なら南北軍事共同委員会を通じて北と協議できる」と言及していた。

韓国国防部(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国と北朝鮮は2018年の軍事合意で、大規模な軍事訓練や武力増強問題などを南北軍事共同委員会で協議するとした。

 夫氏は「軍事合意以降、過去に比べ地上・海上・空中など緩衝区域内で敵対行為を中止し、南北の接境地域での軍事状況は安定的に管理されている」として、「軍事合意が事実上、死文化したという一部の評価は偏った見方で現実を歪曲(わいきょく)したもの」と強調した。

 一方、北朝鮮が体制批判ビラの散布を理由に昨年6月、稼働を停止した軍通信線に関しては「現在、意思疎通が行われていない」と伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。