Go to Contents Go to Navigation

韓国ESG 格付けへの影響「ポジティブ」=ムーディーズが評価

記事一覧 2021.01.19 14:00

【世宗聯合ニュース】米格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスは19日までに、韓国のESG(環境・社会・企業統治)要素が国債格付けの決定にポジティブ(肯定的)な影響を与えると評価した。

ムーディーズ(資料写真)=(聯合ニュース)

 企画財政部によると、ムーディーズはこのほど144カ国に対するESG評価報告書を発表し、ESGの格付けへの影響を測定するスコア(CIS)で韓国を最高等級の1等級(ポジティブ)と評価した。

 1等級と評価された国は韓国のほかドイツ、スイスなど11カ国。米国、英国など30カ国は2等級(中立的)、日本、中国など38カ国は3等級(ややネガティブ)だった。

 ムーディーズはただ、今回のESG評価と国債格付けには高い関連性があるものの、正確に一致するわけではないと説明している。

 企画財政部は「世界的にESGへの関心が高まっており、今後の格付けでESGが主な要素になる可能性が高いため、韓国版ニューディールなどエコ、社会的責任、企業統治の改善などに主眼を置いた政策的努力を続けていく」としている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。