Go to Contents Go to Navigation

日本の独島領有権主張を「妄言」と非難 韓国与党

記事一覧 2021.01.19 17:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」は19日、茂木敏充外相が18日に行った外交演説で独島の領有権を主張したことを「妄言」と強く非難した。

国会で開かれた党会議であいさつする李氏=19日、ソウル(聯合ニュース)

 同党の李洛淵(イ・ナギョン)代表は自身の交流サイト(SNS)に「日本の外相は独島が日本の領土であるとし、慰安婦判決についても『国際法上も到底考えられない異常な事態』としたが、容認できない妄言」と抗議。日本政府の関係者が韓日関係の正常化を強調した18日の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の記者会見に対し、「信用できない」との反応を示したことに関しても「両国が知恵を出し合って努力しなければならないが、日本側が冷笑することは正しくない」と指摘。「両国が外交的な解決のため、今すぐにでもひざを突き合わせて知恵を集めてほしい」とし、「今夏の東京五輪前に懸案が妥結することを切に望む」と記した。

 金太年(キム・テニョン)院内代表は党の会議で、「日本の独島発言はわれわれの領土主権を明白に侵害する行為」と強調。菅義偉首相に対しても、「韓国が韓日対立の解決策を出すべきだと責任を押し付けたが、こうした態度では悪化した韓日関係を解決できない」と指摘した。

 申栄大(シン・ヨンデ)報道官は「盗人たけだけしい態度では韓日関係をさらに硬直させるだけ」と警告。「韓日関係が最悪の状況に追い込まれないよう、日本の前向きな態度を促す」と求めた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。