Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜 欧州で初の年間シェア7%達成=販売台数は21%減

記事一覧 2021.01.19 19:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社・起亜の欧州市場での年間シェアが昨年初めて7%を超えたことが19日、分かった。

コナのEVモデル(現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 両社によると、現代と起亜の欧州市場での昨年の販売台数は84万1520台で、前年比21.0%減少した。現代は42万4805台で前年比24.5%減、起亜は41万6715台で同17.1%減となった。

 ただ販売シェアは7.0%で、2019年に記録した6.7%を0.3ポイント上回り、過去最高となった。

 昨年の欧州市場の需要は1196万1182台で、同24.3%減少した。 

 販売台数が多かったのは、現代がスポーツタイプ多目的車(SUV)の「コナ」(12万3187台)、同じくSUVの「ツーソン」(8万7259台)、ハッチバックモデルの「i20」(6万2393台)の順で、起亜が小型SUVの「シード」(11万4759台)、同「ニロ」(7万7498台)、同「スポーテージ」(7万344台)の順だった。

 エコカーも善戦した。コナのEV(電気自動車)モデルは4万6561台、ニロのHV(ハイブリッド)モデルは4万6466台、ニロのEVモデルは3万132台、コナのHVモデルは2万8409台を記録した。

 一方、両社の昨年12月の欧州市場での販売台数は7万4395台で、前年同月比4.6%減少した。シェアは6.1%だった。現代は4万4236台、起亜は3万159台を販売した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。