Go to Contents Go to Navigation

新聞社数3%減の4246社 記者数は7%減=韓国報告書

記事一覧 2021.01.20 17:38

【ソウル聯合ニュース】韓国新聞産業の規模は小幅拡大したが、新聞社と記者の数は減少傾向を示し、低成長に陥ったことが20日、分かった。

韓国の新聞社と記者の数は減少が続いている=(聯合ニュース)

 韓国言論振興財団がこの日発刊した「新聞産業実態調査」によると、2019年末現在で発行が確認された新聞社の数は4246社で、前年比3.1%減少した。

 新聞社全体の従事者数は前年比2.2%減の4万254人で、記者の数は同7.0%減の2万4384人だった。

 新聞社が減少した一方、新聞産業の売上高は19年に3兆9651億ウォン(約3740億円)を記録し、前年比4.1%増加した。

 このうち、紙の新聞の売上高は3兆4028億ウォンで全体の85.8%を占め、インターネット新聞の売上高は5623億ウォンで全体の14.2%だった。

 インターネット新聞の売上高が13.4%増加したのに対し、紙の新聞の売上高は2.7%増にとどまった。

 紙の新聞のうち、発行期間が10年以上で金融監督院の公示対象となる全国総合日刊紙(11社)の売上高は1兆3752億ウォンで、前年比1.2%減少した。

 また、地域総合日刊紙(125社)の売上高は15.4%、スポーツ日刊紙(7社)は20.5%、それぞれ減少した。

 年間売上高100億ウォン以上の新聞社は49社で全体の1.2%にとどまり、1億ウォン未満の新聞社が2435社(57.3%)と多くが零細規模だった。

 紙の新聞の従事者数は2.1%増加したが、インターネット新聞では8.2%減少した。

 報告書は「新聞産業の従事者数は、2010年以降インターネット新聞に勤務する従事者が増えたことで増加を続けたが、15年から成長が止まった状態だ」と分析した。 

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。