Go to Contents Go to Navigation

国家安保室第2次長が交代 韓国大統領府の外交担当

記事一覧 2021.01.20 17:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、青瓦台(大統領府)で外交政策などを担う金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長(次官級)の交代を決め、後任に金炯辰(キム・ヒョンジン)ソウル市国際関係大使(59)を内定した。

金鉉宗氏(左)と金炯辰氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 金炯辰氏は、外交部の北米第1課長や北米局長、次官補、駐ベルギー大使などの要職を歴任した「米国通」とされる。

 金鉉宗氏は2019年2月から国家安保室第2次長を務めてきた。今後は大統領外交安保特別補佐官を務める。

 文大統領は同日午前、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の交代を決め、後任に鄭義溶(チョン・ウィヨン)前国家安保室長を内定した。バイデン米政権の発足に合わせ、外交ラインを新しく構築し、朝鮮半島を巡る懸案を解決していく狙いとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。