Go to Contents Go to Navigation

新捜査機関のトップ就任 「国民目線に合わせた決定を行う」

記事一覧 2021.01.21 17:03

【ソウル聯合ニュース】韓国政府高官らの不正を捜査する新組織「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」のトップ、金鎮ウク(キム・ジンウク)処長は21日、就任式で「捜査と起訴という重要な決定を行う前に国民の目線に合った決定かどうか、憲法と法、そして良心に基づく決定かどうかを常に見直しする」と述べた。

報道陣の質問に答える金処長=21日、果川(聯合ニュース)

 就任式はオンラインで行われた。金氏は「主権者の国民の前で決して傲慢(ごうまん)な権力にはならない」と強調した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。