Go to Contents Go to Navigation

米国の恣意的な高関税措置にブレーキ WTOパネルで韓国勝訴

記事一覧 2021.01.22 01:00

【ソウル聯合ニュース】韓国企業が米国に輸出した鉄鋼や変圧器などの製品に対し、米政府が「不利な事実(AFA)規定」を適用して高率の反ダンピング(不当廉売)・相殺関税を課すのは不当だとして、韓国政府が世界貿易機関(WTO)に提訴していた問題で、WTOは21日、米国がAFAを適用した8件すべてについて、韓国政府の主張を認める判断を示した。産業通商資源部が伝えた。

現代製鉄の冷延鋼板(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 AFAは、訴えられた企業が十分な資料を提出しないなど調査に協力しなかった場合に、恣意的に高い関税率を適用する規定。

 今回の判断を受け今後は米国によるAFAの乱用にブレーキがかかり、韓国企業の対応も容易になる見通しだ。

 米国は2016年5月以降、AFAを適用して韓国製品に最大で60.81%の関税を課していた。韓国政府は米国側に異議を唱えていたが改善されなかったため、18年2月にWTOに提訴した。

 WTOでの紛争解決手続きで裁判の「一審」に当たる紛争処理小委員会(パネル)は米国側の措置8件すべてについて、WTOの協定に合致しないと判断した。

 産業通商資源部は、今回の判定で8品目だけでなくその他の輸出品目についても不合理なAFAの適用を防止する効果があると期待を示した。

 WTOの紛争処理は二審制だが米国が上訴しなければ、今回の判定は法的な拘束力が発生し、履行義務が生じる。履行方法には、AFA条項の廃止や8件の措置についてAFAを適用せずに再調査するなどの選択肢がある。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。