Go to Contents Go to Navigation

元駐韓米大使のソン・キム氏 東アジア担当の国務次官補代行に

記事一覧 2021.01.22 11:18

【ワシントン聯合ニュース】米国務省は21日(現地時間)、元駐韓大使のソン・キム氏が国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)に起用されたことを明らかにした。ソン・キム氏はトランプ政権では駐インドネシア大使を務めていた。

2018年6月11日、シンガポールで北朝鮮の崔善姫・外務次官と会談したソン・キム氏=(聯合ニュース)

 同ポストは米国務省で韓国や中国、日本などを担当する要職で、東アジア・太平洋地域の外交政策を統括する。上院の承認を経て正式に任命される。

 ソン・キム氏は国務副次官補や北朝鮮担当特別代表、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の首席代表などを歴任した。北朝鮮の核問題に詳しい。

 オバマ政権で6カ国協議の特使に起用され、2011年11月から約3年間、駐韓大使を務めた。

 駐フィリピン大使だった18年6月には米朝首脳会談の前日まで北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官(当時)と合意文の文言を調整するなど、米朝対話の進展で重要な役割を果たした。

 ソン・キム氏はソウル生まれで、1970年代半ばに父親と共に渡米した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。