Go to Contents Go to Navigation

韓国の新駐日大使が赴任「韓日関係正常化の意志伝える」

記事一覧 2021.01.22 13:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の姜昌一(カン・チャンイル)新駐日大使が22日、赴任した。同日午前に仁川国際空港から出発する前、「文在寅(ムン・ジェイン)政権は韓日関係を正常化させるという確固たる意志を持っており、大統領も新年記者会見で明らかにした。こうしたメッセージを日本側にしっかり伝えるつもりだ」と記者団に語った。

日本へ出発する姜駐日大使=22日、仁川(聯合ニュース)

 姜氏は「今、韓日関係はひどくこじれている」とし、「一つ一つほどいていく」と述べた。

 日本到着後は、日本政府が新型コロナウイルス感染症対策として義務付けている待機期間を経た上で、外交活動を始めることになる。

 一方、現地の報道によると、日本政府に慰安婦被害者への賠償を命じた韓国での判決などを受け、日本政府は菅義偉首相や茂木敏充外相らとの姜氏の面会を当面見送る方向で検討している。

出国する姜駐日大使=22日、仁川(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。