Go to Contents Go to Navigation

韓米国防相が初の電話会談 同盟の重要性確認

記事一覧 2021.01.24 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官は24日、バイデン米政権の初代国防長官に就任したオースティン氏と電話会談を行い、揺るぎない韓米同盟と国防当局の緊密な協力体制を確認した。

黒人として初めて米国防長官に就任したオースティン氏(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 韓国国防部によると、今回の会談は韓米同盟の重要性を踏まえ、米国が要請して行われた。

 オースティン氏は韓米同盟について、「北東アジアの平和と安定の中心軸であり、最も模範的な同盟」と評価し、今後さらに発展させていくため緊密に協力すると強調した。

 双方は朝鮮半島を含む域内状況を考慮すると、緊密な韓米の協力がいつになく重要であるとの意見で一致した。直接言及しなかったものの、北朝鮮の核問題などを念頭に置いた発言とみられる。

 オースティン氏は22日(米東部時間)、米上院で指名が承認され、黒人として初めて国防長官に就任した。

徐旭国防部長官(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。