Go to Contents Go to Navigation

緩和してほしい防疫措置 トップは午後9時以降の営業制限=韓国調査

社会・文化 2021.01.25 10:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが25日に発表した調査結果によると、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いたら真っ先に緩和してほしい防疫措置について、飲食店などの「午後9時以降の(営業)制限」との回答が28.0%、学校への登校人数を一定以下に抑える「登校授業の制限」が24.4%だった。次いで「5人以上の集合禁止」が16.5%、「入場人数の制限」が13.5%となった。

新型コロナの検査を受ける市民(資料写真)=(聯合ニュース)

 男性は「午後9時以降の制限」が32.2%で最も多く、女性は「登校授業の制限」が28.3%で最多を占めた。

 調査はニュース専門テレビ局YTNの依頼を受け、22日に全国の18歳以上の500人を対象に実施された。

tnak51@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。