Go to Contents Go to Navigation

韓国 日本製ステンレス棒鋼関税でWTO上訴

記事一覧 2021.01.26 09:18

【ジュネーブ聯合ニュース】韓国が日本製のステンレス棒鋼に課している反ダンピング(不当廉売)関税を巡り、韓国は世界貿易機関(WTO)紛争処理小委員会(パネル)の判断を不服として22日付で上訴した。25日(現地時間)に開かれたWTO紛争処理機関(DSB)の会合で議長が明らかにした。

韓国は日本製ステンレス棒鋼に対する反ダンピング課税に関し、WTOに上訴した(イラスト)=(聯合ニュース)

 韓国はこの日の会合で、パネルの判断に、法理的に深刻な過りがあったと説明した。また、韓国が問題解決に向け日本政府に複数の案を提示したにもかかわらず、日本がすべて拒んだと言及した。

 一方の日本は、韓国が紛争の解決を遅らせているとしながら上訴を批判した。

 韓国は2004年から日本、インド、スペイン製のステンレス棒鋼に対し反ダンピング関税を課してきた。日本はこれをWTO協定違反とし、18年にWTOに提訴。裁判の一審にあたるパネルは20年11月、韓国が措置を取る際の一部の分析方法がWTO協定に反するとの趣旨の報告書をまとめた。五つの争点のうち三つで日本の主張を認めている。

 韓国はこの報告書を不服として上訴したが、最終審に相当する上級委員会の判断が示されるまで長い時間を要する見通しだ。上級委員会は、WTOに不満を持った前米政権の反対により任期切れの委員を補充できず、19年12月から機能停止の状態にある。上級委員会はすでに多数の上訴案件を抱えている。

 WTOの判断があるまで、韓国の現在の措置は維持される。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。