Go to Contents Go to Navigation

実刑判決のサムスントップ 社員に「申し訳ない」 

記事一覧 2021.01.26 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国前大統領らへの贈賄罪に問われ、差し戻し控訴審で実刑判決を言い渡されたサムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が26日、社内掲示板に「私が置かれた状況とは関係なく、サムスンは行くべき道を引き続き進まなければならない」とのメッセージを伝えた。

サムスン電子の李在鎔副会長(コラージュ)=(聯合ニュース)

 メッセージは金奇南(キム・ギナム)代表取締役副会長らが李氏に代わって投稿した。

 李氏は「私の未熟さゆえに再びご心配をおかけすることになった」として、「本当に申し訳ない」と謝罪した。

 また、「この数年間、サムスンは多大な困難な事情があった」とした上で、「皆さんがサムスンを堅く守ったように、今後も揺るぎなく心を一つにすることを望みたい」と求めた。

 さらに、「すでに国民と交わした約束は必ず守らなければならない」とし、投資と雇用創出に力を入れ、社会的な責任を果たすことを強調した。

 その上で、「謙虚に自分を省察する」とし、「皆さんと共に必ず、新しいサムスンをつくる」と表明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。