Go to Contents Go to Navigation

衰退続く雑誌業界 2年間で売上高25%減=韓国

記事一覧 2021.01.26 13:23

【ソウル聯合ニュース】韓国言論振興財団が26日公表した2020年版「雑誌産業の実態調査」報告書によると、19年の雑誌業界の売上高は総額7775億ウォン(約730億円)と調査された。

雑誌業界の売上高は急減が続いている(韓国言論振興財団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 売上高の総額は12年の1兆8625億ウォンから15年が1兆3754億ウォン、17年が1兆354億ウォンと急減を続け、19年は2年前に比べ24.9%減少した。デジタルメディア環境の変化に伴う雑誌業界の衰退が続いている現状が明らかになった。

 19年の1事業者当たりの平均売上高は4億3800万ウォンで、17年に比べ15.0%減少した。12年に比べると3分の1程度に縮小した。

 不況を受け、雑誌業界の従事者数も1万人を割り込んでいる。19年は9104人と17年比で25.1%減少し、12年の半分程度に落ち込んだ。

 調査に回答した事業者の8.5%は、発行する雑誌を休刊した経験があると答えた。休刊の理由としては財政悪化が45.4%で最も多く、内部事情(32.4%)、読者の減少・販売不振(9.3%)、人手不足(5.6%)と続いた。

 また、オンラインサービスについて、事業者の45.2%は実施中だと回答した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。