Go to Contents Go to Navigation

新駐韓日本大使 来月初旬に着任か

記事一覧 2021.01.26 14:17

【ソウル聯合ニュース】日本の相星孝一・駐韓大使が旧正月(今年は2月12日)前の来月初旬、韓国に着任する見通しだ。日本政府が時期を調整しているという。韓国の外交消息筋が26日、明らかにした。

相星孝一氏=(共同=聯合ニュース)

 イスラエル大使だった相星氏はイスラエル政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国際線の運航を一時的に停止したことから出国が遅れているもようだ。現地メディアによると、全国際線の旅客機の発着は26日から31日まで停止され、相星氏は2月初めに出発が可能になるとみられる。

 一方、駐米大使に異動する冨田浩司・前駐韓大使は26日、韓国を出発した。日本に一時帰国した後、米国に赴任するという。冨田氏は約1年2カ月間、駐韓大使を務めた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。